ムジごはん
無印良品たべものファンクラブ。
<< オーガニックデニム | main | バーチディダーマ >>
男子ごはんの「ジャンバラヤ」
ちょっと前のエントリーで「祝・1週遅れ」というタイトルを付けたけど、依然大阪では男子ごはんは1週以上遅れて放送されてる。何やってんだテレビ大阪。いつもの時間にボチタマなんか放送するんじゃない!!。
というわけで、東京にはまだまだ追いつけそうにない。

そんな、関西の男子ごはんウォッチャーだけど、昨日やってた「ジャンバラヤ」を早速作ってみた。
ジャンバラヤ
ジャンバラヤのために「チリパウダー」と「パプリカ」を購入。この2つをいれると、あの「ジャンバラヤ」の風味になるって初めて知った。
番組では「チョリソー」を入れてたけど、買い物に行ったスーパーには置いてなく、代わりに「グリコあらびきピリ辛ウインナー」を入れてみた。辛すぎないから子供にもちょう度良かった感じ。

炊飯器で作るので、パエリアを作るより簡単に作れると思う。炊きあがった香りは、まさしくジャンバラヤ!見た目も美味しそう。

アンチョビのソースが冷蔵庫に残っていたので、付け合せに太一レシピの「チョビ」を作ってみた。ケンタロウ氏は「お酢」で仕上げるといいって言ってたけど、僕はバルサミコで和えてみた。これでもOKだと思う。

おれミシュラン:★★★
おいしいです!でも、このBlogの第1回エントリーの「無印のジャンバラヤ」の素に近いかも。自分で作った感がある分、こっちの方がずっとおいしい。トマトソースの酸味も意外とイケル。キッチンの後片付けが若干気になる。


コドモ向け度:★★★
辛いかな…って恐る恐る口に運ぶムスメだったけど、そんなに辛くなくて「おいしい、おいしい」って食べてくれた。料理人冥利に尽きるね。
コメント









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK